着物のお稽古 ’17/03/23

札幌の方では雪が降ったそうですが、富良野は全然です。他の地域が荒天の時でも富良野だけ大丈夫だったりします。

「ラッキー~♪♪」なんて思ったりしがちな富良野人。
一年を通しての天候は意外とおだやかで過ごしやすく、富良野人の呑気な性格は、この穏やかな気象条件が育んだものなのかもしれない。

着物:ばち衿の華やかな小紋。レトロで若すぎる感じだが、着てみるとわりとまとも。
帯 :困った時はコレ。何にでも合うお助け帯は、シンエイさんで2000円。
小物:着物が派手なので、帯締めと帯揚げはクリームで揃えた。
c0023862_21123782.jpg
c0023862_21124416.jpg
c0023862_21125723.jpg

お? 予想外にまとまっている。20分以内に着れたし、とっても満足デス。

この着物、ストーンと下に落ちてくれるし、軽いし身体に添うし、着ていて疲れない感じです。お花見とか食べ歩きとか、いいかも。
でも、とりあえず今度、図書館で試してみるね。
c0023862_21133923.jpg


[PR]
Commented by genki1024 at 2017-03-25 19:10
こんばんは。
かわいい柄行のお着物ですね。
作り帯はどのように収納されているのですか?
「ポニョ」

Commented by tanu_log at 2017-03-26 09:08
ポニョさま、全く趣の異なる着物でビックリされることと思います(汗)。自分の感覚の赴くままに組み合わせております。
作り帯は、胴帯は4つに畳んで(2回折る)終了。お太鼓はもう出来ちゃっていますから、このまんま積み重ねます。胴帯とお太鼓は別々に積んでおきます。もう、2000円とかのお品ですから、Tシャツ感覚で和風の衣類扱いです。
by tanu_log | 2017-03-23 21:16 | 着物 | Comments(2)

ボクは天国でお気楽生活しています。2代目、ジロ吉新次郎が2016年より奮闘中。道産子@富良野。


by たぬ吉
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30