名古屋帯の改造(手抜きのすすめ)

「シンエイ」さんからバーゲンの帯やらが届いたので、さっそく作り帯にしました。作業しながら考える方が、時間の節約になります。

胴帯180㎝が取れることを確認できたら、お太鼓、胴帯、手先の3パーツに切断します。
お着物を大切にされる方には、信じられない行動だと思いますが、どうかご容赦を。
c0023862_13003656.jpg


裏からタレ先「8㎝」に印を付け、「お太鼓の底」の柄あわせをします。

ひっくり返して、タレ先8センチを3か所軽く縫います。見えないので大胆にします。
表にひっくり返すと、お太鼓の底が出来あがっています。
c0023862_12521660.jpg


お太鼓の大きさを決めてクリップで成型します。
裏に返して、切っぱなしになっている生地を折ります。

お太鼓の表の生地を除いた部分を、縫いとめます。横から縫い目が見えたりするので、あまり上まで縫わないようにします。
固いので目打ちで穴をあけながら根気よく縫いとめます。
c0023862_12522356.jpg


両側と、中央にも少し縫いとめたところです。ここまでくればゴールはすぐです。
手先を入れて、位置決めをします。
c0023862_12523198.jpg

裏返して、手先を軽く本体に縫いとめます。

こんな感じでお太鼓が出来あがりました。
c0023862_12531537.jpg

胴帯の裏側に80㎝ほどの紐を縫い付けます。固いので目打ちを使います。
c0023862_12524400.jpg

夕方になってまたやる気が出てきたので、ポリの小紋を改造しました。
上衣は畳んでしつけ、スカート部は表と裏がばらけないようにしつけ。帯に比べて力仕事はありませんが、仕事量が多い感じです。

上前の肩先~すそまで 60.5㎝。スカート部 83㎝。身長148㎝です。
スカート部には10㎝幅の腰布、80㎝の腰ひもをつけます。明日の仕事が楽しみです。
c0023862_17421697.jpg






[PR]
Commented by kimonotonekoto at 2018-01-21 12:57
こんにちは ^^

様々な工夫をされているのを楽しみに読ませていただいています。

私は着付の時間があまりとれない時、二重太鼓を結ぶのに
コーリンの姿(器具に固定して二部式のように太鼓と胴を作ってしまって気つけるための道具です)を使っているんですけど、
それだと着付の時間が大幅に短縮できる代わりに
時間がたつと胴が緩んできたり太鼓の山が下がってきたりします。
何か簡単に帯結びをする工夫ができないかな、といつも思っているのですけれど
切って作る二部式は胴が緩んできたり太鼓が下がってきたりはないですか?

いきなりご質問ですいません(^-^;
帯姿がとてもすっきししておきれいに着こなしていらっしゃるので図々しくコメントしてしまいました。
Commented by tanu_log at 2018-01-21 14:38
コメントありがとうございます。
私は回りに着物友だちがいないので、ネットで情報を集めて、究極の「作り帯」にたどりつきました。胴帯の背中に、「帯受け」になるものをはさんでお太鼓を乗せているから、帯が下がってくることはありません。胴帯も2回巻いて紐でしばっていますので、緩むことはないですよ。作るのは手間ですが、一度作っておくと着るのが楽チンです。
Commented by tanu_log at 2018-01-21 14:47
> kimonotonekotoさん
こちらのページに2部式着物、作り帯の装着について書いてあります。
ご参考までにご覧ください。
http://nutti.exblog.jp/26572148/
Commented by kimonotonekoto at 2018-01-21 14:53
> tanu_logさん
URLありがとうございます^_^
帯受けがポイントなんですね。
お茶会で朝早い時、二重太鼓がすんなり結べないと焦ってますます上手くいかなくて泣きそうになる時があります。
参考にさせていただきます!
ありがとうございます。
Commented by tanu_log at 2018-01-21 19:43
> kimonotonekotoさん
ご覧いただけただけでもうれしく思います(*^_^*)
二重太鼓も帯を切断して成型しています。安い化繊のリサイクルで実験してみるのはいかがでしょうか。化繊は針が通りやすく加工しやすいです。

手製帯受けの中身は、固く丸めたハンドタオルです。滑りがよくなるように、カサカサした化繊の布で包み、帯に差し入れる方は少し細くし、帯台側は巾と厚みを持たせるような形です。
by tanu_log | 2018-01-19 13:12 | 着物 | Comments(5)

ボクは天国でお気楽生活しています。2代目、ジロ吉新次郎が2016年より奮闘中。道産子@富良野。


by たぬ吉
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28