旅先で着物を着ること

先日の同窓会で着た着物について、ちょっと記しておこうと思います。

左が当日のコーデ、右が計画段階のコーデです。どちらも自宅で撮ったものです。
帯締めはふたつ持って行きました。クリーム色に変更したのは、色を少なくした方が清楚な感じがするし、帯周りを白っぽくした方が華やかな感じがしたのです。

会場に入った時、着物の方が全くいらっしゃらないことが分かっても、全然困った感はなく、普通の気持ちでいられました。青とクリームという無難な色合わせのおかげと思いました。
c0023862_09530091.jpg
左側の写真は、横4分の1に畳んだフェイスタオルを、和装ブラで押さえて補正してあります。右側の写真は補正していません。
胸の補正があると、ハト胸パーーン!(*^_^*)衿元が全く崩れませんでした。
着物に興味のある友人が、胸元が上手に着れている、と褒めてくださいました。かなり固めたので、ちょっと上半身は苦しかったです(笑)


上の左側の写真の帯姿です。腰の補正は、ハンドタオルを4分の1に畳んだものを腰に当て、腹巻(笑)で押さえてあります。
胸の補正があるおかげで、後ろにあまる部分が少なくなり、背中がすっきりしています。すごく勉強になりました。
c0023862_12270062.jpg


(出来上がり時間に余裕を持とう)
待ち合わせ時間の40分前、17時に着始めました。テレビを横目で見ながら余裕でやっていたんですが、初めての胸の補正に手間取り、気がつけば残り15分なのに着物もまとっていない。
集中しなきゃだめだ! テレビを消して、着物をまとって、帯を背負い、二部式は超スピードでぐいぐい仕上がっていきます。あっという間に着物姿に変身~。草履を履いて鏡でチェック。 

友人が迎えに来るまであと3分。
でも・・・・顔をまだやっていなかった(@_@;)

遅れるからとメールしようと考えたけれども、いや、3分でできるさ。
汗を拭いて、フェイスパウダー、眉毛、うすく頬紅、口紅。うん、これでいい、着物が主役だから。ろくに鏡も見ないで化粧を終えました。

もっと余裕をもって着始めればよかったと、すごく反省しました。

因みに、「着物はいいけど化粧が変だね」とは言われませんでした。おそろしいので、会場では一度も鏡をみなかったよ。

[PR]
by tanu_log | 2017-10-11 10:35 | 着物 | Comments(0)

ボクは天国でお気楽生活しています。2代目、ジロ吉新次郎が2016年より奮闘中。道産子@富良野。


by たぬ吉
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30